大阪ウニタ書舗 2010 

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛知地域労働組合「きずな」裁判係争中の合田享子さんを応援しよう

<<   作成日時 : 2009/03/20 08:46   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

きずな裁判ホームページ

http://homepage2.nifty.com/aiti_kizuna_saiban/

きずな裁判ブログ

http://kizuna-saiban.seesaa.net/

専従を名乗る大竹某が出てきますが、映画「フツーの仕事がしたい」に
出てくるヤクザまがいの用心棒工藤某と同じじゃん。笑わしよんな。
「おまえ誰やねん!」「あんた誰じゃ~」みたいな。



組合の名前「きずな」て〜。その名を汚してる奴らの存在が致命傷。


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この裁判についてよく知らないが、とにかく裁判でも何でもいいからもう一度「労働組合」とはどうゆう組織なのか、を根本的に問い直した方がいいと思います。各種組合が主張していることは実に立派だとは思いますが、どうしても胡散臭さを払拭できません。新・労働組合(派遣切り関連など)の主張の方が、理念的では無いにしろ、人間的泥臭スメール漂う主張の方が、個人的には心情にくるものがありますね。
大阪ウニタJr
2009/03/22 17:15
>理念的では無いにしろ、人間的泥臭スメール漂う
主張の方が、個人的には心情にくるものがありますね。

その方が伝わる言葉、暑苦しいくらいの熱のこもった響きを与えてくれるからです。然るに、既存の労働組合が労働者に伝わる言葉を持っていないです。組織としてうさん臭さは、その組織の官僚化、硬直化とともに増殖していきます。それが、労働者の不信感を生むのです。然るに、組織として立派なことを主張しても、個人としては組織にあぐらをかいてる、正義などとは程遠い弱っちい残念な一個人が露呈されてきます。
あらどくちゃん
2009/03/22 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛知地域労働組合「きずな」裁判係争中の合田享子さんを応援しよう 大阪ウニタ書舗 2010 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる